▼ 今月/過去のメッセージ ▼

★ 2010年 ★

  •  2010年のはじまりです!

    昨年は大変お世話様になりました。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    皆さんにとりまして素晴らしい年になりますように、お祈り申し上げます。

    今年はどんな年になるでしょうか・・・
    楽しみのような怖いような・・・

    とにかく健康で元気な一年を送りたいと願っています。
    皆さんは一年の抱負を考えましたか?

    「レ・クロッシュ」として今年の後半は活動を続けますので、よろしくお願い致します。

    今夏までは、「レ・クロッシュ」としてはなく、「宇宿直彰」がチェリストとして活動を続けていきます。

    マキは7月の出産後、秋からは「レ・クロッシュ」としてまた二人のコンビが復活します!

    ブログは今まで通り二人で書いていきますね!

    では、世界中の人がこの一年幸せでありますように〜

  •  2月は節分の月ですね〜

    暦では2月4日が立春ですが、まだまだ寒さが続きそうです。

    一昨日もパリは朝は真っ白な雪が積もっていましたが、それでも午後にはお日様が出てくれたので庭も道路も顔を出しました。

    1月にはナオが一足早くパリに戻りましたが、5日にマキがピアノの勉強のためにパリの家に来ます。
    マキの出産予定が7月なので、春のコンサートはレ・クロッシュで一緒に出来ないけれど、マキはレコーディング、ナオは新しいピアニストとコンサートということで、頑張りま〜す!

    では、まだまだ寒い日が続きますから、どうぞお身体を大切にして下さい。

  •  4月からの新しい道が、夢のある素晴らしい日々でありますようにお祈りしています。

    庭のクロッカスが黄色つぼみが出てきて、あと数日で開花します。
    そのあとに紫のクロッカスが顔を出してくれます。
    毎年黄色が開花してしばらくすると紫が追いかけるように出てきます。

    カレンダーがないのによく忘れないで毎年顔を出してくれますね・・・ありがとう!

    ブログご覧になって下さっている方はご存知だと思いますすが、マキは7月に出産予定なので、恒例の
    東京文化会館のリサイタルは、「宇宿直彰チェロリサイタル」となります。
    18時開演となりますので、お気を付け下さいね。

    レ・クロッシュのHPはもちろんですが、ヨーロッパ アーティストのHPにもプログラムの事など
    詳しく掲載されています。

    「ヨーロッパ アーティスト ホームページ」
    http://europa-artist.com/home.html

    マキは4月にピアノソロのレコーディング予定です。体調がよくCD収録できますように!

    今月も皆さまお元気で頑張って下さいね!

  •  4月です!

    いよいよ日本帰国まであと少しです!

    パリは残念ながら雨と風が多く、折角の咲き始めた桜も散りそうです。
    日本は今お花見の真っ盛りですね。
    素敵な時間をお過ごし下さい。

    春の日本公演のお知らせです!
    5月4日(火・祝)18時より東京文化会館小ホールにて、5月15日(土)18時よりいわき芸術文化交流館アリオスで開催します。

    今回は、「宇宿直彰チェロリサイタル」ですので、チェロのソロリサイタルのデビューとなります。

    名曲あり、バッハの無伴奏組曲あり、そしてフランクのチェロソナタを最後に演奏する予定です。
    今回のピアニストはマキではなく、泉ゆりのさんにお願いします。
    日本に帰国しましたら、早速合わせの練習に励みたいと思います。

    また、日本で皆さまにお目に掛かれますのを楽しみにしています。

    日本もまだ肌寒い日も多いそうですが、どうぞお元気で!

  •  ようやく五月晴れが続いています。
    4月は不安定な天候が続きましたが、ゴールデンウィークは本当に毎日暑いぐらいにお天気がよく、
    乾燥していました。

    「宇宿直彰チェロリサイタル」を、5月4日は東京文化会館 小ホール、5月15日は、いわき芸術文化交流館アリオスにて、各日午後6時より開演予定です。

    東京公演を終えて、今福島公演の準備をしています。

    東京公演には、沢山の方たちに聴いて頂けて本当に幸せでした。
    本当に有難うございました。
    また日々研鑽を積んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    今回はナオが弾いて、マキは応援してくれています。
    いつも同じ舞台に立っているのに、ちょっと変な感じですが、秋からマキは復帰しますので、また
    レ・クロッシュも応援して下さいね。

    では、明るい日差しになってきたので、みんなお元気で!

  •  暑い夏がやってきました〜
    皆さん、お元気ですか?

    日本の夏が慣れていないマキとナオは、重い空気に押され気味です。
    長時間の練習がちょっと辛いというか、集中力の持続が確かに難しいですね。

    今月はマキの出産予定でもあり、ナオは、サマ―フェスティバルの出演のため、大忙しの月になりそうな気がします。
    来月は、マキのピアノソロのCDリリースです!

    皆さん、杉並公会堂で開催されます、7月21日、22日、27日のサマ―フェスティバルに是非参加して下さいね!

    では、暑さに負けずに頑張りましょう!

  •  暑い暑い夏休みをいかがお過ごしですか?

    7月下旬からマキは子供を連れて実家で過ごしていますので、久しぶりにマキとナオは、毎日顔を合わせて生活しています。

    ところで、8月18日(水)は、いよいよマキのソロアルバム「シューマンの宝石箱」の発売日です。
    「子供の情景」「アベッグ変奏曲」最後に「謝肉祭」の順番です。
    皆さんに是非聴いて頂きたいと思っています。

    今、秋からのプログラムの曲を暑さに負けないで、頑張って勉強をしています。

    マキはしばらくは子育てと両立で大変ですが、冬には「レ・クロッシュ」のコンサートがありますので、
    2人で頑張っていこうと思っています。

    夏休みは、どこかにお出かけになる人も多いでしょう。
    くれぐれも熱中症に気をつけて、楽しい夏休みをお過ごし下さい。

  •  9月です! 秋風はまだまだ先のようですね。

    マキもナオも9月からはレ・クロッシュの練習もはじまります!

    秋から冬に向けて、レ・クロッシュのコンサート依頼が入っていますので、ちょっと復帰するのが早いかとは 思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします。

    マキは一児の母になり、忙しい中にも充実した生活を送っていますし、ナオも新しいピアニストとコンサート経験を積む事により、益々磨きが掛かったと思います。

    また、秋からの公演を通じて、皆様と楽しい時間を共有したいと思っていますので、よろしく!

  •  10月になりました!

    そろそろ紅葉の時期ですが、今年は暑さが長く続いたので、どこも見ごろが遅いようです。

    日本は本当に親切な国ですね。
    見ごろはいつ頃になるかを各地域の予想カレンダーで教えてくれるので便利だと思います。

    10月からマキも本格的な練習を開始して、ナオとの合わせもはじめています。

    "芸術の秋"ですから、沢山素晴らしい演奏を聴いて下さいね。
    あとは・・・"食欲の秋"であり、"スポーツの秋"です!
    美味しいものを沢山たべて、思いっきりスポーツをして楽しみましょう!

  •  11月になるとやはり気温が大分低くなってきました。

    今年は猛暑と10月の雨で、「きのこ」の収穫が例年よりもはるかに多いと聞きますが、結構毒キノコが多いので、むやみに食べる事が出来ません。
    パリの家の庭にも毎年何種類ものきのこが一斉に顔を出しますが、どれが食べれるきのこなのか分からないので沢山出来ていても食べないでいます。

    日本でも区別がつかないきのこを食べて、病院に運ばれる人もいると聞きますから気を付けて下さいね。
    フランスは、マッシュルームがほとんどですが、「SHIITAKE」とスペールで書いて、しいたけを販売しているお店もあるんですよ〜

    ナオは、11月10日(水)に銀座の十字屋さんで0:30よりランチタイムコンサートでハーピストの Hさんと演奏しますが、ハープとチェロのデュオの響きはとても魅力的なので、是非お聴き下さい。

    ピアノと合わすのがピッタリな曲もあれば、ハープだからこそこういう響きが出来るんだ!、という曲もあります。

    マキ&ナオのコンサートは、11月19日(金)にガラコンサートで出演します。
    スケジュールをご覧下さいね。

    寒くなってきましたので、お風邪を召しませぬように!

  •  いよいよ年の瀬です!

    12月1日から「クリスマス フェスティバル in すぎなみ2010」の事ばかり考えていましたら、すっかり 「12月のメッセージ」が遅くなってしまいました! すみませんでした。
    レ・クロッシュは元気ですが、12月はクリスマスの時期ですので、クリスマスコンサート依頼が多く、慌ただしい日々を送っています。

    イルミネーションは、本当に綺麗で見事ですね。 町がクリスマスの装いになると、パリのシャンゼリゼ通りのイルミネーションを懐かしく思い出します。
    マキとナオが育ったアルザス地方のストラスブルグのクリスマスの市を毎年とても楽しみにしていました。 日本からの観光客もその時期はとても多かったです。

    もみの木を"Sapan(サパン)"と言いますが、ストラスブルグから大きいサパンを毎年車に入れて買ってくるのを楽しみにしていました。

    ストラスブルグから30キロ南に行ったところにセレスタという町がありますが、ここがクリスマスの"もみの木"の発祥の地だそうです。

    元々はもみの木にりんごを飾っていたそうです。
    日本のりんごみたいに立派で大きいのではなく、ノルマンディーなどにある小さなりんごですが、とっても シンプルな飾り付けだったんですね。

    ところで、クリスマス・イブの24日は、新宿区のプラネタリウムで「クリスマス・コンサート」を開催します。
    午後7時開演ですが、プラネタリウムの夜空の星を見ながら、クリスマス・イブを迎えるのもムードがあっていいと思います。 是非お越し下さい!

    どうぞ、皆さんも今年最後の月をエンジョイして下さいね!